介護付有料老人ホーム・高齢者専用賃貸住宅・グループホーム

フェイスブックいいね!ボタン
なでしこはセレッソ大阪を応援しています

事業者向け情報

介護施設への土地活用術や事業運営術

介護施設・高齢者向け住宅は今後、高齢化社会を背景に市場性が期待される分野です。

高齢化が急速に進む中で、高齢の単身者や夫婦のみの世帯が増加しており、介護・医療と連携して高齢者を支援するサービスを提供する住宅を確保することが極めて重要である一方、住宅の供給は欧米各国に比べて立ち後れているのが現状です。介護事業への土地活用は、こういった住宅(サービス付高齢者向け住宅や有料老人ホーム)や様々なサービス形態の施設(グループホームなど)の供給の手助けとなり、高齢者の居住の安定を確保することが可能となるのです。

当社の取り組みについて
現在の社会情勢と行政の施設整備状況やサービス状況を調査・把握し、そこから特に施設や住宅の不足している地区をピックアップし、その地区の土地開発を行います。
そして事業企画(運用利回りから介護事業計画まで)はもちろん、企画設計・施工、そして施設運営まで、それらすべてを当社で一元的に行っております。
土地のオーナー様へ
有限会社なでしこでは今後に向け、まだまだ不足する介護施設や高齢者向け住宅の確保のため、土地のオーナー様を募集しております。
もちろんオーナー様にとっても「地域の高齢者に対する社会貢献」と「土地の運用」を上手く行うことで、安定した収入を得ることが可能です。
介護事業開発をお考えの事業者様へ
今後も有限会社なでしこでは地域貢献のため、新規介護施設事業を考える一方、当社規模では資金面や人材育成・管理の問題等があり、急速に事業を増やすことがなかなかできないのが現状です。
そこで、新たに介護事業進出をお考えの方や既存の介護事業者様に対し、当社の経営ノウハウをお伝えし、皆さんでこの高齢化が進む社会に対応できる施設・住宅の確保ができればと考えております。

お問い合わせはこちら